播磨坂不動産株式会社

新耐震、旧耐震

お問い合わせはこちら

新耐震、旧耐震

新耐震、旧耐震

2024/05/10

播磨坂不動産の清水です。

 

みなさんにとって、耐震性は最も気になるポイントの1つではないでしょうか?

「旧耐震」の建物が本当に地震に弱いかということについて、2011年の東日本大震災の際のデータを用いてご説明させていただきます。

 

建物それぞれの被害状況は以下のとおりです。(2012/5/8 東京カンテイプレスリリースを参照)

被害を大きさ別に「被害なし」「軽微」「小破」「中破」「大破」の5ランクに分け、

マンションごとに分類すると、、、

 


宮城県の分譲マンション全1460棟(新耐震1233、旧耐震227)
「被害なし」・・・738棟(新耐震630、旧耐震108)
「軽微」・・・・・531棟(新耐震456、旧耐震75)
「小破」・・・・・175棟(新耐震135、旧耐震40)
「中破」・・・・・15棟(新耐震12、旧耐震3)
「大破」・・・・・1棟(新耐震0、旧耐震1)

 


確かに「大破」の1棟は「旧耐震の建物」で地震の被害を修繕できず、取り壊しを余儀なくされましたが、他の被害ランクは「新耐震」「旧耐震」問わず一定割合にそれぞれ分布しています。


非耐力壁に「×」字のひび割れ、鉄筋がむき出しとなり「中破」判定となったマンションに着目すると15棟あったうち、12棟が実は「新耐震」のマンションだったのです。
特に青葉区に限っては「旧耐震」でも「大破」「中破」は0棟でした‼(「新耐震」は2棟)

----------------------------------------------------------------------
播磨坂不動産株式会社
〒112-0001
東京都文京区白山3-1-3 播磨坂ビル2F
電話番号 : 03-3868-8866
FAX番号 : 03-3868-8867


マンション売却を文京区で支援

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。